番頭便り

ラジオ聴いてますか?ラジコで聴いてみませんか?

突然ですがみなさん、最近「ラジオ」を聴いていますか?

radiko

テレビが放送の主役になってからは、だんだんと聴く人が減ってしまったラジオ…ではあるのですが、昨今、そんな状況が変わりつつあるのです。

「ラジコ(radiko)」というサービスをご存知でしょうか。

radiko.jpg

ラジオのサービスは、サイマル放送と言い、ラジオ放送をAMやFMの電波と同時に、インターネットの通信を利用して、スマートフォン・タブレット・パソコンに番組配信するものです。

簡単にいってしまえば、今お使いのパソコンやスマホを使って、手軽に民放ラジオの番組を楽しめるサービスです!2010年に一部地域で始まったサービスですが、今では対象区域が全都道府県に広がり、全国のAM/FM/短波の民放ラジオ68局が参加しています。

スマートフォンでradiko

スマートフォンをお使いであれば、アプリを使うだけで簡単に利用できます。AM/FM電波と違って、インターネット通信回線を使うので、音がとても鮮明。とくにAM放送は、「こんなにキレイな音だったんだ…」と感心してしまいます。(ノイズ混じりのこもった音も、いいんですけどね!)

電波の届きにくい難聴取地域でも、通信回線さえあればキレイに聴くことができることから、先の東日本大震災でも活躍することとなりました。

ラジコでは、同一地域内の放送局は無料で聞くことができます。例えば大阪や京都、神戸に居るとき、関西を放送エリアとしているMBSラジオやABCラジオ、FM802などの聴取は無料です。

面白いのは「radikoプレミアム」という有料サービス。これを使うと、他の地方の放送もリアルタイムで楽しむことができるのです。例えば大阪に居ながらにして、東京のTBSラジオやニッポン放送、TOKYO FM、さらには北海道のHBCラジオ、沖縄のRBC琉球放送まで。日本全国のラジオを鮮明な音声で聴くことができます。radikoプレミアムは月額350円(税別)です。

radikoプレミアム

生活に密着した地元のラジオも面白いですが、知らない地方のCMや交通情報を聞きながら、旅気分になるのも楽しいです。「遠距離リスナー」感涙ですね(笑)

かつてラジオはリスナーのはがきで作られていました。それが電話、FAXへと変わり、近年はメール、ツイッターでの投稿へと移り変わりましたが、リスナーが番組に参加し盛り上げるという形は今も変わっていません。ラジコはスマホなどでも聞けますから、思いついたら簡単な操作をするだけでそのまま投稿できてしまうのです。むしろラジオこそ、デジタルコミュニケーションの時代にマッチしたメディアなのかもしれませんね。

MBS毎日放送ラジオの角淳一・おとなの駄菓子屋ラジオも、毎週日曜日・よる9:00から放送中です。もちろん、ラジコなら鮮明な音質で楽しめますよ。まだ使ったことないという皆さんも、ぜひ試してみてください。ラジオの楽しさを再発見しましょう。

radiko.jpはこちらをクリック(同地域の放送は登録無・無料で楽しめます)

スマートフォン・アプリのダウンロードはこちらから


ちなみに…NHKラジオも同様のサービスを行っています。こちらもどうぞ!

NHKネットラジオ・らじる★らじる はこちらから。

  2014/11/06   番頭・吉永
≪ こだわりの鉄鍋!  |  『絵本』って、おとなになった方が面白い… ≫
表紙ページに戻る
おとなの駄菓子屋・Facebookはこちら
おとなの駄菓子屋・Twitterはこちら